« Intel inside Mac で Windows 動かした方が… | トップページ | アートネイチャー・ミュージックボール »

2005年6月 9日 (木)

読んで楽しく嬉しい漫画

大場渉の日記 2005/06/04 (空間コミックビーム)
コミックビームの名物編集者オーバさんの日記に、担当作家の近状がちらほらと。
「エマ」の森薫さんと、「八福神」の福島聡さんの合作は楽しみ。それにしても森さん人気があるなぁ。「ぱふ」と「季刊エス」で特集ですか、是非読まねば。
入江亜季さんの新連載も楽しみだ。

森薫さんと言えば、「エマ」で商業誌デビューされた訳ですが、日記でもオーバさんが触れている様に、本当に漫画描くのが上手くなられたと思うのです。元々同人誌の方では結構な実力者だった訳で、ビームに森さんを引っ張った時も、「オーバさん、さすがに目の付け所が、が、が!」と、人(hito)は思ったのです。連載開始時の「エマ」には、まだまだ同人誌ぽさが残っており(コマ割りや絵の線とか)、他の作家さんたちに比べると、正直レベルの差を感じてました(一読者なくせに、生意気言ってスマン)です。しかし、連載を重ねる事に上手くなるんだもんなぁ(最近は、線が艶っぽく感じる)。日々成長される作家さんの漫画は、読んでいて本当に楽しいし嬉しい。オーバさんも編集者冥利に尽きるだろうなぁと、勝手に思ってみたりする。これからも森さんには、着替えのシーンに何ページも使って描くこだわりを、持ち続けられる事を希望(w。

mori_sign00

おまけ:
ビームでデビュー直後の、某即売会後の飲み会で貰った、森薫さんのサイン
(同人誌:「僕とネリーとある日の午後」からのネリーさん)

|

« Intel inside Mac で Windows 動かした方が… | トップページ | アートネイチャー・ミュージックボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98690/4443153

この記事へのトラックバック一覧です: 読んで楽しく嬉しい漫画:

« Intel inside Mac で Windows 動かした方が… | トップページ | アートネイチャー・ミュージックボール »