« 今日は我が身 | トップページ | 関係逆転 »

2005年11月 6日 (日)

何しても今月中に結果出る

小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)のリハーサル中止は残念…orz。
まあ、これが本番で無くて良かったと思えばねっ……と。
探査機「はやぶさ」、小惑星への着陸リハーサルを中止 (asahi.com)
探査機はやぶさ、小惑星への降下中止 異常検知 (Sankei Web)
探査機、小惑星接近時の異常で軌道逸脱 (YOMIURI ONLINE)
「はやぶさ」のリハーサル降下試験の結果について (JAXA)
記者会見の模様が、既に「はやぶさ」の広報官となった感のある松浦晋也氏の Blog にアップ中。
「はやぶさリンク」:11/4降下リハーサル中止の記者会見 (松浦晋也のL/D)
はやぶさ自体には何も問題が無くて良かった。
今回のリハーサルによって「イトカワ」表面が、思いのほか起伏が激しい事が分ったのは大収穫じゃないでしょうか。
今後リハーサルを再度行うか、ぶっつけ本番になるか週明けの発表に要注目と言ったところでしょうか。

NASA土星探査機カッシーニ (Cassini) が、10/28 に土星の衛星タイタン (Titan) に接近した際に撮影した画像などが、何点か公開されている。
Pinpointing Huygens Landing Site

(画像著作権: NASA/JPL/University of Arizona/Space Science Institute)
左右の写真のほぼ中央部が、今年の1月に欧州宇宙機関(ESA) の小型探査機ホイヘンス(Huygens) が着陸したエリア。
こうして見ると着陸エリアちっさいなぁ~と思うと同時に、タイタンの大気圏下で撮影されたホイヘンスの写真は、やっぱり迫力があってスゴイと実感。
Naming New Lands - October Flyby with Labels
Naming New Lands - September Flyby with Labels

(画像著作権: NASA/JPL/Space Science Institute)
実際地球に存在する島の名前などからの仮名が付けられている模様。
Shikoku Facula て日本の四国から採ったのかな?

コペルニクスの遺骨か DNA鑑定で最終確認へ (Sankei Web)
静かに、そのまま眠らせてあげればと思ったり。

スーパーカミオカンデ:ニュートリノの観測、全面再開へ (MSN-Mainichi)
スーパーカミオカンデ、復旧作業を公開 (YOMIURI ONLINE)
復活オメデト。

|

« 今日は我が身 | トップページ | 関係逆転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98690/6890601

この記事へのトラックバック一覧です: 何しても今月中に結果出る:

« 今日は我が身 | トップページ | 関係逆転 »